むかしレクレーションを久々にしてみました。

近頃、児童がむかしレクレーションの学校というのをやったそうです。

むかしレクレーションってどういうの!と思ったのですが、こま回し、竹馬

めんこをやったそうです。

けん玉や凧揚げをやった輩もいたとか。

うちの周りは児童が多くて、帰ってきてからも駄菓子屋で買った

それらのおもちゃで遊んだりしていたのですが、

相当コツがいりますよね。

身が小学校の時も既にむかしレクレーションの部類でしたが、

うちの近くにも駄菓子屋があった結果、そこで売っていた木のこまで

遊ぶのが一時的にはやった事がありまして、直こまにひもを巻きつけて

投げ飛ばすやりかたのこま回しは得意でした。

児童から少々借りて回してみたのですが、今でもうまくできました!!

後、周辺における子供達にも教えたりして、

「○○氏の母親すげえ!!」なんて褒められたりして

思わず照れくさく、嬉しかったです。

二度と褒められることもなかなかないので。

それにしても、むかし取った杵柄についてでしょうか、

その時分より、大変体つきがかわってしまいたのですが、竹馬もまだ乗れましたし

けん玉もてっべんに刺せましたし、本当に体調が覚えているものだと

なかなか歓喜でした。

むかしレクレーションの中では、現世風にリザーブされてる代物もわりとありまして、

こま回しも、以前に子供達の間ではやったベイブレードとか、

けん玉もお皿の周辺が凄まじくできるようになっているプラスティックのものが

あったりとか、昔より進化してる代物も出てますよね。

ベイブレードはひもを巻かなくてよかったり、ひどく

簡単にできるようになってて強いな〜と思います。

これ程簡単でいいの!なんて思ったりしちゃいますが、

今はそれが当たり前なので、あまりきつく考えないようにします。

凧揚げだって、昔は半紙に図説を描いて凧を作る宿題が冬休みに出た

記憶がありますが、まだまだしたらなくなり、ビニールの凧ばかりみかけるようになり、

今では全然見かけないという経緯をみてきていらっしゃるから。

面白く遊べるのが一番いいですよね。

でも、むかしレクレーションの学校はこれからも続いて行って欲しいなと思います。

児童との内容もどんどん弾みます。防音窓の工事屋さん